signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

タコの心身問題

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

寒いですね〜、

師走も半ばを過ぎました。

こんなことをしている場合ではないのですが、

そろそろ老い支度を、

いやいや焦ることもないでしょう。

 

 

昨今の人間の心身問題には、

あきあきしているから〜、

タコの心身問題となると、

俄然興味がわきますね。

 

 

 

 

 

イカ、タコとは、

宇宙人? 宇宙生命ですよね〜。

 

 

 

心は何から、いかにして生じるのだろう。進化は「まったく違う経路で心を少なくとも二度、つくった」。一つはヒトや鳥類を含む脊索動物、もう一つがタコやイカを含む頭足類だ。哲学者であり練達のダイバーでもある著者によれば、「頭足類と出会うことはおそらく私たちにとって、地球外の知的生命体に出会うのに最も近い体験だろう」。人間とはまったく異なる心/内面/知性と呼ぶべきものを、彼らはもっている。本書は頭足類の心と私たちの心の本性を合わせ鏡で覗き込む本である。
海で生まれた単細胞生物から、現生の頭足類への進化を一歩ずつたどれば、そこには神経系の発達や、感覚と行動のループの起源、「主観的経験」の起源があり、それは主体的に感じる能力や意識の出現につながっている。「タコになったらどんな気分か」という問題の中には、心とは何か、それは物理的な身体とどう関係するのかを解き明かす手がかりが詰まっている。
知能の高さゆえの茶目っ気たっぷりの行動や、急速な老化と死の謎など、知れば知るほど頭足類の生態はファンタスティック。おまけに著者が観察している「オクトポリス」(タコが集住する場所)では、タコたちが社会性の片鱗を示しはじめているという。味わい深く、驚きに満ちた一冊。

 

 

 

 

https://togetter.com/li/1289413

 

 

 

 

 

 

 

 

神様の住所 九螺ささら

 

木枯らしが木の葉を散し、

裸木がまとう衣もなく立っているよ。

わたしが通り過ぎるのか、

木立や家並みが後ろへ後ろへ流れていくのか、

向こうから歩いてくる小さな人が、

わたしは神様ですと、

いや言ったわけではない……。

 

そんな気がする時がある。

ポッと空間があいて、

真っ白になる時、

そうです、わたしが変なおじさんです、

いんや神様です・・・。

通り過ぎる小さなおじさんの後を追い、

そうか、あの人が神様だったのかぁ……。

 

そんなぼんやりした午後の時間が好きですね。
 

 

 

 

神様がコップの表面張力を破り溢れるナイヤガラの滝

 

煮え切らぬきみに別れを告げている細胞たちの多数決として

 

雪原に舞い降りてくる白鳥があれはかみさまの読みかけの本

 

2014年、朝日歌壇に載った入選作である。

不思議な雰囲気が印象にのこった。

作は九螺(くら)ささら。変な名前も気になる。

 

 

 

人にとって、日常こそが大事だ。しかしその日常を虚しくさせないために、微量の非日常が必要だ、と感じる。

韻文は、非日常という湖を提供する。人は湖にしばし浸かり、また散文そのものの日常に戻ってゆく。


 

 

https://dokushojin.com/article.html?i=3786

 

 

これが短歌なの?

面白い感覚ですね〜、

頭の中にぶつぶつと田螺のあぶくのごとく、

言葉が浮かんでは消えるよ。

 

 

| 読書 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0)
辺境メシ 宇宙 みんな不潔

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

桜が咲き、

蝉が孵化したというニュースを聞いたばかりなのに、

 

ああなんと寒いこと!

 

 

本よみうり堂

 

 

 

辺境メシ ヤバそうだから食べてみた

 

「ラクダ丼」

「ヒキガエルジュース」

「サルの燻製脳味噌」

 

死んでも食べたくないよ〜

 

https://huyukiitoichi.hatenadiary.jp/entry/2018/11/27/080000

 

 

 

    ㌿

 

 

 

 

僕たちは、宇宙のこと

ぜんぜんわからない

 

「ここまでわかった宇宙」

「わからない宇宙」だ。

次元はいくつあるのか。

宇宙の本当の大きさは。

宇宙線はどこから来るのか。

宇宙人はいるのか。

 

こういう本好きなんですが、

読んでも、一つも謎が解けないんですよね〜

 

 

目次

 

Chapter 1 宇宙は何でできているの?
君はすごく珍しくて特別だ。

Chapter 2 ダークマターって何?
みんなその中を泳いでいる。

Chapter 3 ダークエネルギーって何?
膨張する宇宙で頭も爆発

Chapter 4 物質のいちばん基本的な部品は何?
いちばん小さいかけらのことはほとんどわかっていない。

Chapter 5 質量の謎
重い疑問に軽く触れてみよう

Chapter 7 空間って何?
どうしてこんなに場所を取るの?

Chapter 8 時間って何?
時間は(正体がわからないけれど)欠かせないものだ

Chapter 9 次元はいくつあるの?
新しい方向に無知を広げる

Chapter 10 光より速く進むことはできる?

Chapter 11 地球に超高速粒子を撃ち込んでるのは誰?
宇宙には小さい弾丸が飛び交っている

Chapter 12 どうして僕らは反物質じゃなくて物質でできているの?
その答えは、尻すぼみの反クライマックスな展開にはならない

Chapter 14 ビッグバンのとき何が起こったの?
で、それより前は?

Chapter 15 宇宙はどのくらい大きいの?
そしてどうしてこんなに空っぽなの?

Chapter 16 万物理論はあるの?
宇宙をいちばん単純に説明するには?

Chapter 17 宇宙で僕らはひとりぼっちなの?
どうしてまだ誰も来てくれないの?

「まとめ」みたいなもの
究極の謎

 

 

 

    ㌿

 

 

 

私以外みんな不潔

 

馬鹿馬鹿しいけど、ちょっとわかるなあ〜、

子どもの頃、わたし潔癖症で、

よそのうちでご飯食べれなかった。

母親に何で食べないの?

って聞かれると、箸がきたないとか!

肉も魚も気持ち悪くて嫌いだった。

いまじゃベジタリアンなどと流行になっているけれど、

変に潔癖主義というか……生ものの自分も嫌いだったし。

 

 

 

 

 

内容説明

「勝手に他のつまらない子供に、私のなかに入ってこられるのはごめんである。」か弱くも気高い、五歳の私小説。「今度の幼稚園はうちから遠く遠く離れた、大きなほこりっぽい交差点の角にある。空気が濁って見える。この世のがけっぷちギリギリのところにあるのは確かだ。」「私というのはだいたい人がさわってくるのだっていやなんです。」「遊びは何よりひとり遊び。仲がよいのは姉、そして弟。それ以上のことはない。」「私は汚いものを見たとき、何かが入ってくるような気がして反射的に口を閉じてしまう。」「帰りのバスは優しくて正しい世界へと私を連れ戻してくれる。」(本文より)ジェーン・スー氏推薦! ――早熟で非凡だからこそ自分を持て余す主人公を、思わずぎゅっと抱きしめたくなることたびたびでした。ま、体を硬直させ全力で拒絶してくるだろうけど。私小説です、たぶん。

| 読書 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0)
神秘小川通り

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ジョン・アーヴィングの小説、

「神秘大通り」

読みはじめています。

25年越しの小説ですって!

 

 

 

触発されます。

 

わたしも五年越しの書きかけのものが、

ふっと先が見えた気がして、

書きはじめてます。

いえいえほんとうは、

半世紀越しの物語です。

 

ふっふっふ・・・(笑)

 

書く人も読む人も一人だけの世界の話ですから、

それって人が生きることに通じますよね……、

誰も知らないけれど、

人は一人で生まれ、

生き、死んでいくんですもの、

それが物語なんですよ。

 

それを奇想天外、

いえいえ面白く脚色してみるのって楽しいじゃないですか。

 

   ❀

 

 

奇妙に明るい光がさす日でした、

家の窓から見える紅葉した紅葉(もみじ)の葉が、

なくなっていることに気づきました。

 

あの葉っぱたちはどこに行ったのだろう?

二度と同じ樹で赤く染まることはないのだろう……。

 

 

 

あっ揺れましたね、

わたしではなく、

家が、

地面が?

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)
バデスの馬車

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

師走の三日、

昨日は恒例のふくし祭りで、

手作り品などを販売しました。

 

シクラメンの鉢、

野菜、

衣類や日用品のバザー品に押され売り上げはいまいちでした。

 

 

 

 

世界が終わるわけではなく

ケイト・アトキンソン著

 

 

 

 

可愛がっていた飼い猫が大きくなっていき、気がつくと、ソファの隣で背もたれに寄りかかって足を組んでテレビを見ている!そして…という「猫の愛人」、真面目な青年と、悪さをしながら面白おかしく暮らす彼のドッペルゲンガーの物語「ドッペルゲンガー」、事故で死んだ女性が、死後もこの世にとどまって残された家族たちを見守ることになる「時空の亀裂」等々、十二篇のゆるやかに連関した物語。千夜一夜物語のような、それでいて現実世界の不確実性を垣間見せてくれる、ウィットブレッド賞受賞作家によるきわめて現代的で味わい深い短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

 

 

夢のなかの話を読んでいるような、

なんだか不思議な本で、

とくに「時空の亀裂」は同じような状況を夢で見たことがあります。

 

 

マリアンヌは母のもとから車を運転して帰る途中、

冥界の二輪馬車が車を追い抜こうと、

ハデスの馬が車の窓ガラスを割った。

   *

マリアンヌは死んでしまったことに気付かず、

いや気づいた後も自分の家で家族に気づかれぬまま暮らす。

   *

そしてまた、

車に乗り母のもとに行く。

バデスの馬車のひづめの音が聞こえる、

「ああやめてもう二度といや」

 

 

*****

 

 

わたしがいる場所はいつもとかわらず、

わたしは道を歩き、

人々を見るけれど、

人々はだれもわたしに気づいてくれない。

いつもよりゆったりした時間が流れ、
そして時々画面が止まったり、

ゆがんだり、もどったり、

さいしょは快適だった現象にいら立ち、

なすすべもなく諦め……、

 

夢のなかでは、決して夢だとは思わず、

マリアンヌのように、

どうにかして私の存在を知らせようと奮闘した。

 


夢を見ながら本を読んでいたのか、

本を読みながら夢を見ていたのか、

 

さいわいにもバデスの馬車には轢かれなかったらしい。

 

 

 

| 読書 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0)
植物のきもち

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は曇り空、

なぜかその方が気持ちが落ち着くんですよね〜、

「たまたま」という詩誌に入って何年だろう?

その関連で見知らぬ人から本が送られてきて、

読んでみるとそれぞれに発見がある。

書店に並ばなくとも、

ベストセラーにならなくとも、

表現したいものがあるのは幸せなことかもしれない。

 

宮本輝氏の「流転の海」が36年をかけて完結した。

私の今書いているものも、

遅々として進まず、

なんだか物語が過去に巻き込まれ、

ずんずんどんどん巻き込まれ、

嗚呼、36年か?

私の五十有余年はどこに消えたのだろう……。

 

 

 

 

 

 

(エイドリアン・オーウェン 著)

 

 

 

「生存する意識」

昨夜も寝床で読んでいたのですが、

 

なかなか読み進まないのですが、

「テニスをしませんか?」

のページにショックを受け、

胸が苦しくなり涙がこぼれました。

 

本の説明は下手ですが、

 

作者である私は植物状態の患者を研究しています。

話すことも見ることも何の意思表示もできない植物状態の人に、

意識はあるのか?

その問いかけの方法が、

文章を聞かせたり、写真を見せたりして、

その反応をfMRIという装置でみると、

(ここではスキャンという表現をしています)

健常者と同じ反応が見られる。

 

つまり言葉や映像で語りかけると、

植物状態で意識がないと思われている人の脳が反応するというのです。

 

わたしはここにいます

とじこめられているわたしを

ここからだしてください

 

それを発見した彼は、

家族や本人にその旨を伝えるかどうか悩みます。

 

あなたの娘(キャロル)さんには意識があります。

呼びかけに答えてくれています。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

その娘の気持ちを聞くことも、

こちらの気持ちを伝えることもできない。

家族がそれを知って希望を持てるのだろうか?

 

私はたんに、科学的な疑問を投げかけ、それからそれに答える方法を考え出した人間にすぎない。倫理委員会に承認された手順では、スキャンは認められていたが、キャロルのような患者が見つかったときに家族に何を告げるかは定められていなかった。

(略)

家族に告げるとすれば、それは彼女の担当医の役目であり、その医師は、家族に告げてもキャロルには臨床的恩恵をもたらさないと判断した。本人は意識もあれば物事を認識する能力もありながら自分の思いを表現できないでいるのを家族が知っていることの重荷は、それをまったく知らない、あるいは、キャロルは精神が活動していないと思っていることの重荷よりも苛酷だと、その医師は感じたのだろう。

(略)

キャロルは生まれ故郷に戻され、私は二度と彼女に会うことはなかった。会う意味がなかった。私たちは彼女を見つけたが、当時、それ以上何もできなかった。彼女は2011年、けがの長期合併症で亡くなった。皮肉にも、それを知らせてくれたのは彼女の担当医だった。

 

 

 

http://honz.jp/articles/-/44892

 

 

 

そして夜、

怖い夢を見た。

はじめは母と知り合いの女がいて、

ぶつぶつざわざわ、

言葉の断片が聞こえる。

ふたりは買い出しに行き、

調理をはじめる。

テーブルの上に料理が並べられ、

まあすてきなごちそう!!

それがイチゴのフルコース。

ご飯も味噌汁も副菜もデザートもすべてイチゴ。

 

それを見ているわたしが、

なーに、それ、

おかしい、イチゴのごはんだなんて、

気持ち悪ーいと思っているけれど、

一言も言葉を発することができない。

ええっ、どうしたの?

からだが動かない、声も出ない、

ええっ、どうしたらいいの!

 

ああそうか、

植物状態なのか、

意識が閉じ込められたのか、

出口はない。

もし、透明なガラスの部屋に閉じ込められ、

外の世界に何も伝えることができないとしたら、

どうなるのだろう?

狂ってしまえばいい。

狂うってどうなることだろう?

 

嗚呼、樹木は狂っているのだろうか?

 

 

 

| つれづれ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0)
時間&存在

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

よく晴れた朝、

どこからともなく聞こえる子供の声〜、

車の音、

鳥の声、

 

音とはなんだろうか?

かたちも色もないし、

捕まえることもできない。

 

個体でも液体でもないし、

もしかして気体だろうか〜。

 

音は空気の振動ですよねぇ〜。

じゃあ真空では、

「ねえー」

とも言えないんでしょう。

魚は会話しませんよね。

 

 

いやいやもっと不思議なのは時間。

 

 

道元禅師曰く、

「正法現蔵」の「有事」という巻で、

 

「(仏は)あるとき(有時)は高い山頂に立ち、あるときは深い海底を行く….
松や竹にも時間はあり、我にも時間はある….
存在とは時間であり、時間とは存在である…
時間がなくなってしまえば、山や海もなくなってしまう….
時間があるということは、生きているということだ….(口語訳)」

 

 

 *********      

 

 

昨日のニュース速報で、

カルロス・ゴーン氏逮捕、

 

金融商品取引法違反容疑??

 

なぜ?

お金には困っていないだろうに、

それほどまでしてお金が欲しいのか?

 

今までの報酬が87億円だって!!

限りある時間ですよ〜、

そんな大金、使う時間もないだろうに……。

 

 

摩訶不思議摩訶不思議、

 

 

果たして地球が滅びても宇宙が滅びても時間は存在するのだろうか?

 

 

 

こんな事を書くはずじゃなかった。

わたしの時間が足りないのです。

頭の中にある時間と、

現実の時間が、

ああ、今日も無駄に費やしてしまったわ(ー_ー)!!

 

 

| つれづれ | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0)
ガルヴェイアス&ギャッツビー

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

本日も晴天なり。

なんだか無声映画のごとく、

日常が進行しています。

 

いまだ咳がおさまらず、

土曜日は耳鼻咽喉科に、

二、三時間待ちといわれ、

ええっ!

病院のホームページとリンクさせ、

待ち時間が見れるという。

というわけで1時過ぎに診察を受け、

異常なしということで帰ってきた。

 

お医者さんにむかって、

「わたし薬飲まないんです」

という微妙な発言。

義母は9類の薬を飲んでいる。

血圧の薬、

むくみを取る薬、

胃薬、

安定剤、

残りは便秘薬で、

効能は、

排便を促す、

便を柔らかくする、

下痢止め、

 

うーん、

認知老人のお通じ事情の難しさは、

経験済みですが……ね。

 

どこまでも横道にそれるのでこのぐらいにします。

 

 

 

 

ここしばらく読んだ本は、

ガルヴェイアスの犬とグレートギャッツビー。

(グレートギャッツビーは名前だけは知っているけれど)

 

ガルヴェイアスの犬は、

好きな文章ですんなり読めるのに内容が入ってこない。

なんだろう?

印象に残っているのは、

夫の浮気相手と戦うために、

自分の糞尿を10回分集め、

浮気相手に投げつけて取っ組み合いをする女性。

 

あとは誰が誰でどんな関係性があるのか?

この本の主人公はガルヴェイアスという土地で、

 

最後のページ、

死にはさまざまな形がある。

においをうしなう。名前をうしなう。まだ肉体も、その影も自分のものとしながらも命をうしなう。

においをうしなう。名前をうしなう。まだ時間もあり、瞳に力もありながらも命をうしなう。

 

 

動きを止めたまま、宇宙はガルヴェイアスを見つめていた。

 

 

なんと難しいことを平易に書こうとしているのだろう。

 

 

 

(小川高義 訳 です)

 

 

並行して「グレート・ギャッツビー」を読み、

これもあるいみ私には難解で……。

映画は何作かあるみたいですが見ていないので……。

 

 

と、話は大幅にずれてしまうのですが、

たまたま映画「カポーティ」を見て、

 

カポーティが「冷血」を書くまでのドキュメンタリーということですが、

この映画が衝撃的で、

カポーティは読んでいないけれど、

カポーティ役の気味の悪さが絶妙。

小説を書くということはこんなにも大変なことなのか!

 

カポーティは冷血を書いてからは一作も書くことができず、

アルコールに溺れて死んだと聞きます。

 

 

とてもとても私にはそんな覚悟も力量もないと思い知らされましたねぇー。

 

 

 

https://filmarks.com/movies/35677/spoiler

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)
ネコ日和

通いネコ みゃあ です

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

昨日今日と、

気持ちのいい天気が続きます。

 

10月は、

あっと思う間もなく過ぎて行こうとしています……。

神無月とは、

神も不在の月なのか……。

 

 

思い起こせば、
10月の2日(火)

亡き師の5年目の命日に発熱し、

久々に風邪を引いたかと思ったら、

郷里の弟の事故の知らせを聞いた。

 

 

見舞いに行こうと思っても、

この状態では集中治療室にも入れない。

 

 

 

(道の駅にいたネコ)

 

 

風邪はよくなっているものの、

咳がおさまらず、

それでも先週やっと見舞いに行ってきた。

 

病状は一進一退だけれど、

よくなることと信じている。

 

 

(道の駅のネコ 陶器です)

 

 

 

 

(蕎麦屋のネコ 石でできてます)

 

 

 

 

 

(帰りを待っていたのよ エサをねだるネコ)

 

 

 

あ〜あ、

この一月は、

ほとんど本も読まず、

書くこともしなかった。

 

 

昨年から一年寄生していた娘家族が、

やっと引越しした矢先、

家のなかを片づけようと、

やぶれた障子をつくろいましたよ。

よごれた壁に白い絵の具を塗って、

ああもしかしたら、

巨大な壁画が描けるかもしれないと思ったり〜 )^o^( 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0)
東北の男(おのこ)よ

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

十月に入り、

あれーっなんかだるいし、

咽喉もいたいしと思ったら、

久々に風邪をひいてしまい、

休みの日だったからよかったけれど、

一日寝込んでしまった。

 

夜、電話があり、

(個人情報ゆえ詳しくは語れませんが)

東北に住む男(弟)が落っこちて頭を打ち救急搬送、

ICUで眠り続けていると。

翌日は一睡もできず風邪の症状も悪化、

見舞いに行こうかと思ったけれど、

この体調じゃ病院にも入れないし……。

 

あ〜あ、

巫女体質だから男の痛みを引き受けたのかしら?

もうちっとガンバってもらわねば、

せめて母を見送るまでは……。

 

早く風邪を治して見舞いに行きますから、

 

ゴホん ゴホん

あ〜息が苦しい

 

それまでは遠方から「気」を送りますよ〜。

 

 

と、先日の帰省で羽黒山で見た石仏が男に似ていると、

携帯からパソコンに送るけれど、

何度送っても送れない、

おかしいおかしい

どうしてどうして

なんだかわからないけれど、

受け取り拒否のボックスに3通も入っていた??

 

 

 

 

今、地蔵の画像を救い出しましたから、

男もきっと快復することでしょう!

 

 

 

| つれづれ | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0)
故郷は遠きにあり

(HPに使われてる写真 小林菓子舗はまだあります)

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

10月です。

台風24号は凄かったですね〜。

あの揺れは、

古家が倒れるかと思いました。

 

じっさいに地震や台風被害にあった方の比ではないでしょうが……、

だからといって予測できない災害におびえて生活するのも、

「備えあれば憂いなし」

ほんとのところ、備えがまだなんですよねぇー。

 

 

  (ー_ー)!!

 

 

「ふるさとはとおきにありて〜」

 

  

 

 

文言のごとく、

故郷の景色は紗がかかったようで、

歩いている地面の感触さえあやうく思えるのです。

 

 

 

わたしが居た場所、

通った道、

見上げた空もなく、

見知らぬ時間が過ぎていった場所……。

 

 

 

 

 

 

 

故郷は空が高く、

空気が透き通っている、

なんど見わたしても、

わたしが居た実感というものがない……、

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所は、

地球上のどこなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE