signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

いやなかんじ

 

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

五月も中盤、

夏日が続き、

昨日は肌寒かった。

 

小川のほとりは夏模様〜

銀杏やケヤキが葉を茂らせている。

 

ウシガエルが鳴きはじめ、

その声を文字で表現しようとして、

言葉が見つからない。

たぶん、あいうえお〜とかいう日本語で表記するのは無理があると思ったら、

「おーい、電話なってるぞー」の連れの声で、

うぇっ、そうなのか!

携帯のマナー音。

ウシガエルの声は、声というより振動にちかいのかぁー……大発見。

 

 

 

 

 

最近、始めたことがあって、

朝の時間に挑戦するのだが、

今朝は対岸の小学校の校庭で催し物があり、

スピーカから発する音が喧しくて集中できない。

 

できないときはなにもできないのだけれど、

けさはなんだか気鬱がして集中できない……。

 

 

そのいやな感じというので、

 

小松左京 夜が明けたら ハルキ文庫

 

どれも面白いのですが、

なんだか身近に感じてしまうのが、

安置所の碁打ち

 

目がさめた時、なんとなくいやな感じだった。

 

よくありますよ、そういうとき、

 

からだがふわっと浮いてるような感じで、変に現実感がない。

 

やけどしそうな熱い茶を飲んでも熱さを感じない、

風呂に入っても湯の熱さは感じても体は冷え冷えとする、

体温を測ると27度、

それに心臓が止まっている、

 

妻が碁敵でもある医師を呼んだ。

先生がいらっしゃるから病人らしく寝てなさいと言う妻に、

おれは病人じゃない、いうなれば死人だ、

 

医師が聴診器をあてると、心臓がとまってますなと、

「先生ー宅は助からないでしょうか?」

「助からないって、奥さん、二時間も前に心臓が止まってるんじゃ〜」

「心臓が止まってーなぜ、そんなに起きたり、口をきいたりしてられるんですか?」

「知りません。心臓がとまったって、別に死ななきゃならない、という義理はないでしょう」

 

と、なにからなにまでナンセンス、

そのうち主と医者が碁をうちはじめまして、

もう少し様子を見ましょうと帰って行った。

 

なんとなく日が過ぎていって、

彼は働く意欲がなくなり会社に辞表を出し、

退職金は出たけれど、死んだことが認められなくて、弔慰金は出なかった。

高校、大学の二人の息子を抱えた妻が、

保険金をもらおうと思ったが、医者が死亡診断書を書いてくれないのでもらえない。

      

      はな

 

主はただぼんやりすわって、ものは食べない、水を飲むだけである。

「いいかげんに、生きかえるかはっきり死ぬか、どっちかに決めてくださったらどうなんです」

と更年期ヒステリーの妻に詰め寄られ、

妻は、拝み屋を連れてき、仏壇を新調し、葬式をやりたいと、

火葬にされるのはいい気がしないと断ると、

せめて墓を見に行ってと言われ、

遺産相続もすませたら、

妻が脳溢血でぽっくり逝ってしまった。

 

     はな

 

長々と書いてしまいましたが、

けっきょく子供から追い出され、

碁敵の医者の隠居所に行き、

その医者が死んでからは、

病院の安置所で一人碁を打つ毎日。

それからどれぐらいの年月がたったことだろう……、

病院の安置所からはいまだ碁打ちの音が聞こえるのだという。

 

| 読書 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0)
世の中の仕組みわからない

 

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

ゴールデンウイーク最終日。

またまた山ほど洗濯をしたけれど、

くもいきがあやしい〜。

雨よ降るな〜、黄砂よ吹くな〜。

 

 

昨日、ひとりティータイムでワッフルを食べたら、

アンチモールドとか名乗る薄べったい板状のものが入っていて、

この内容物は万一誤食しても心配ありません云々。

食品品質保持剤なるもの、

わたしの背中にもはりつけてほしい。

人間品質保持剤なるものをたれか開発せよ!

 

 

SNSで流れている共謀罪とは? 

賛成? 反対? と意見が出ているけれど、

共謀罪がどういうものなのか? 

どのような仕様なのか?

「王様は裸だ」とオバサンは言ってはいけないのだろうか?

 

 

わたしの好きな「小林多喜二」が、

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/takiji.html

 

治安維持法で殺された経緯を、それとなく知ってはいた。

彼の小説の愛好者としては残念無念、

生きながらえて、その思いを書きつづけてほしかった。

 

ここでまた知りもしないことを言うのははばかられますが、

人の不平等を嘆き、貧しい労働者を救うという高貴な気持ちは理解できるけれど、

なぜそれが闘争になるのか?

安保闘争、連合赤軍の闘争、

改革の精神は健全なものであっても、

権力や武力を伴うと、

悪も正義もない破壊的なエネルギーに向かってしまう。

その道筋は、ある種解明できないものに導かれてということもあるかもしれない??

無知な私の言うことではないのだろうが、

治安維持法も、共謀罪も、それを行使する機関の精神の問題であって、

暴走を止めることができるのはなんなのか? 

 

唯一神のような権力者の擁立を阻むこと?

地球人口70億人が、選ばれた命に感謝し、安らかに生きることを望むだけで、

と言っても人口問題や自然公害、難題はあるだろうけれど。

 

わたしが生まれたのは奇跡、

わたしが生きてここにいるということも奇跡。

なぜそれを不思議に思わないんだろう?

 

 

ああ、無知なおばさんのダレごとです。  カエル 井蛙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0)
カエルの歌

 

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

ウシガエルの声を聞いた。

初鳴きだ。

菜の花に群れる蝶々を愛でていたのもつかの間、

小さな頭虫(ユスリカ)の軍団も、

芽吹きとともに湧き上がり、

季節は夏に向かうのかぁ……。

 

と、詩的な言葉を綴りながら、

しかしカエルはなぜに鳴くのだろう?

あのウシガエルのおどろおどろしい声、

と、

「怖いかえるの歌」というのを開いてしまった。

 

http://www.oumaga-times.com/archives/1058118748.html

 

 

シャーリージャクソンの「くじ」も怖いですが、

ご興味のある方はどうぞ〜です。

 

 

 

 

 

http://scoby.blog.fc2.com/blog-entry-890.html

 

 

 

 

蛇足ですが、

ユスリカの生態とは【 ウィキペディア「ユスリカ」

口も消化器もないとは、

命の仕組みほど残酷な話はありません。

 

 

成虫はカ(蚊)によく似た大きさや姿をしているが、刺すことはない。またカのような鱗粉も持たないため、カと見誤って叩いても、黒っぽい粉のようなものが肌に付くことはない。しばしば川や池の近くで蚊柱をつくる。

(中略)

蚊柱は、1匹の雌と多数の雄で構成されている。これは群飛(swarming)と呼ばれる。蚊柱が形成される理由は交尾のためで、成虫は交尾を済ませ産卵を終えるとすぐに死ぬ成虫の寿命は長くても1-数日ぐらいである。また、成虫は口器が無く消化器も退化して痕跡化しているので、一切餌を摂る事ができない
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0)
薫風

 

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

風薫る五月になりました。

最近は一日が十日、

一週間が一月のスピードで駆けていきます。

老化に向けて、スピード出し過ぎじゃない? 

違反切符は切られません。

 

 

このブログながながと書いている途中、

またもやエラーメッセージで強制終了! 

くくっ かお こうなったら思い出して書くまでです!

 

 

 

昨日の朝のテレビで、

        

 

 

ハワイマウイ島の白い天文台が建つ映像を見ました。

そして、ゆっくりと流れる地唄が、

能の謡(うたい)のよう……。

いいなあ〜行ってみたいなあ〜

 

    風車

 

ふと、スペインのカンポデクリプターナを思い浮かべ〜。

かのドン・キホーテが戦った白い風車が、

赤剥けの丘の上に建ち並ぶ光景、

それと似ているように思われました。

 

 

体調を壊して、

ひとり外の風にあたっていたら、

 ♫ ブンガ ♪ ブンガ 音楽が流れて、

太鼓や金管楽器うちならす楽しげな老若男女こもごもの行列、

なんなの〜と訊ねたら、

〇▽◇〜なんとか……なんとなく葬式だなあと思いましたが、

あとで思ったんですが、フュネラル(Funeral)だったんでしょうね。

 

あ〜あ、ここ数年どこも行ってないなあと旅心がさわぐ〜、

 

 

 

ああ今日はいい天気!

窓辺に置いている鉢にたっぷり水をあげたから、

葉先から水の滴が、

水はこんなにも植物をうるおすのか!

わたしはどこに水やりをしたら潤うのかしら??

 

 

ああ、今日も良い天気、

ひたすら洗濯オバサンをしま〜す。

 

 

 

 

| つれづれ | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0)
盲亀 石に出合う

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

良いお天気が続きます。

萌出若葉の季節ですが、

若葉は緑色だと思っていました。

けれど萌出、

紅色なんですね。

葉は紅から緑に変わり、

緑から紅に変わり、

散っていくんですね……。

 

 

 

 

昨日仕事に行き驚くことが続き、

といっても誰にも言えないことで、

私のなかのことです……。

 

     びっくり

 

新しく開店したというチラシを見せられ、

カフェ&ギャラリーの店名を見て、

「あっ」と叫びそうになりました。

なぜかと言いますと、

一年ほど前から書いているものがありまして、

その中に出てくる人の名がどうしても書けなかったのです。

その時々に名前を変え、

AとかSとかしていたのですが、

一昨日、

突然その名前が浮かんだのです。

キリストの使途であり、ギリシャ語でいうところの石、

ペテロ

これ以上の名前はありません。

 

それと同じ名前だったのです。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの偶然、

一昨日、盲亀浮木という話を書いてました。

 

海のなかを盲の亀が泳いでいる

百年泳ぎつづけて 浮かび上がり

浮木に出合うのだという

 

たかだか六十年生きてきて

何に出合えるというのだろうか

果てなき暗い海のなかを

見えない目で泳ぎ続ける亀を思う

 

暗いだけの海の底

闇に溶ける水面の底に沈む石

その石に出合ったと思った

 

 

    びっくり

 

そしたらです、

「詩」を持った男がやってきて、

入力してほしいというのです。

その詩の末尾に書かれた文言が、

「浮き木に逢える一眼の亀」

とあり、

ちょっとぞっとしてしまいました。

 

 

偶然といえば偶然なのでしょうが びっくり

 

 

| つれづれ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
ミサイル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は夏日になるとか、

季節の変わり目のこの暑さというのが嫌ですね、

なんかねぇー、すがりつく季節の悪意さえ感じますよ〜。

 

人間の生臭さではなく、生き物の生臭さがまといついてくるような〜、

まあそんなことはどうでもいいんですが、

いろんな事件が起きて、

いろんな展開を見て、

おどろき、ため息をつき、

月日は冷酷に過ぎていきます。

 

 

 

新聞の一面に、

大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される新型ミサイルを公開と、

戦車の上に載った巨大な銃弾のなかはどういうぐあいになっているんでしょうか?

色つきの火薬がはいってるんでしょうか?

大きくて破壊力のあるものを作って披露するとは、

子どもみたいですね。

ほんとうに強いものは武器なんか持たないですよ。

 

なんだかミサイルも不発に終わったみたいですが、

こんな事を書いている暇はなかったです〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
鳥の巣

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

桜はまだ散っていません、

菜の花が咲き始めました。

 

日に日に木々も芽吹いています。

この時期は風も吹きますね。

 

昨夜は、久しぶりに面白い本に出会えたので、

12時近くまで本を読んでしまいました。

 

短編を読んで面白かったのですが、

長編も面白いですね、

主人公は重篤な多重人格で、

その謎解きを精神科医(ライト)が探求していくのですが、

ちょうど中盤のベッッィの項を読んでいて、

まさに筆者はベッツィに成り澄まし行動しているのです。

混乱した少女の頭のなかが書けるとは、

筆者本人が多重人格ではないかと。

優れた小説家は、或る意味多重人格者なんでしょうね。

 

なんとなく先が見えてきた気もしますが、

なぞなぞ歌、

 

エリザベス、エルスぺス、ベッツィにべス、

みんなで出かけた鳥の巣探し。

見つけた巣には卵が五つ、

ひとつずつとって、残りは四つ。

 

関連があるんですかねえ〜。

 

 

 

 

 

 

http://d.hatena.ne.jp/abraxasm/20161222/1482391581

 

 

 

 

| 読書 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
死と詩

 

 

 

 

「死とエロス」

タイトルがいけなかったのかしら?

入力途中で強制終了され、

書いた文章が全部消えてしまいました。怒り

理不尽な!怒り

それでタイトルを「詩と死」に変えました。

 

新聞に、詩人・伊藤比呂美さんのエッセイが載っていました。

彼女は全身全霊で表現するかたで、

亡くなった連れ合いのことを、

すさまじく強い生き方をした人を最後まで見たのは悪くなかった……。

と、連れがすさまじかったのか彼女がすさまじかったのか?

 

その彼女が、

「詩とは、自分のできないことをすること。言葉の最前線の、自分の一番とんがったところで書くこと。私は長く、いわゆる行わけの詩を書いていない。書くと詩っぽくなるのが嫌です。〜」

 

詩っぽくなるのが嫌とはどういうことだろうか??

彼女は表現したいものを包み隠さず表現してきた人ではないだろうか?

 

 

という私も今「詩」らしきものを書いていて、

声高に言えることでもなく、

隠れて書いている。

 

詩や小説を書くことは恥ずかしいことだという気持ちがあって、

どうしてだろうということを考える。

小説などは、昨今の状況、守秘義務云々、書きたいことを赤裸々に書けない。

著名人はですよ、官憲ではない民憲というマスメディアに見張られている。

ああ、でもどこかで誰かが見ているやも知れない……?

 

以前、夏の文学教室で伊藤比呂美さんの般若信教の朗読を聞いた。

 

……お経の解説書をいろいろと読んでみた。

でもぜんぜん頭に入ってこない。

つまらない。

悟れない。

生臭い。

あたしが悪いのだ。

でもあたしはあたしである、

あたしが中心である、

あたしなのである、

という、

やっと握り締めた実感を、

手放してどうするのか。

どうしようもなくなるであろう。

 

 

恨みつらみに満ちた言葉が、息もつかせず迸った。

彼女は名うての表現者だった。

 

 

*****怒り

 

 

大岡信氏の訃報を聞いた。

詩人、評論家、小説家が次々と旅立ち、

そういう肩書がすたれてしまうのではと。

 

「ほうとした気分」が大岡さんの詩の源であると。

彼の詩集は読んだことがないけれど、

朝刊に掲載の詩を書いてみる。

 

マリリン・モンローの死を悼んだ詩「マリリン」

 

裸の死体が語る言葉を

そよぐ毛髪ほどにも正確に

語りうる文字はないだろう

文字は死の上澄みをすくって

ぷるぷる震える詩のプリンを作

るだけだ

 

モンローにかぎらず人の死を前にしては言葉も文字も詩も色を失う。

しかし詩人は詩を作る。言葉の彼方にあるものを言葉でつかまえようとする。

なぜなら世界は言葉でできているから。

 

 

いや、世界が言葉でできているとは思わない。

私は理解できないことを理解するために、

言葉で置き換える。

 

 

地名論(抜粋)

 

水道管はうたえよ

お茶の水は流れて

鵠沼に溜り

荻窪に落ち

奥入瀬で輝け

サッポロ

バルパライソ

トンブクトゥ―は

耳の中で

雨垂れのように延びつづけよ

奇体にも懐かしい名前をもった

すべての土地の精霊よ

時間の列柱となって

おれを包んでくれ

 

 

 

意味は分からなくとも、

言葉が流れるんですよ、

からだの中のどこだかわからない場所を、

水を飲むようにすーっとね、

 

 

ご冥福を 泣く

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0)
春の戯言

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

四月です。

ある筋から、

四月一日に首都直下地震が来ると聞いていましたが、

来ませんでした。

よかったです。

 

三日(月)に花見に行きましたが、

桜はほとんど咲いてませんでしたね。

蕎麦を食べて帰って来ました。

 

二日(日)に、

近くのホールで映画「母 小林多喜二の母の物語」を見てきました。

小林多喜二は好きな作家で、

思想に感化されたわけではなく、

小説の中で生きて動いてる人や情景が鮮烈で、

こころに残るのです。

 

「治安維持法」という法律、

多喜二は特高に殺され正義になり、

時代に殺された一人なんでしょうが。

彼らの活動が助長すればどうなっていたのでしょうか?

 

    *

 

今、連合赤軍の漫画「レッド」を息子に借りて読んでいて、

彼らは左派で時代を変えようとした若者たちなんでしょうが、

暴力に走るわけです。

 

 

左派であれ、右派であれ、

また宗教も、(イスラムもオウム真理教も)
すべて自分たちが正しい、

正義だと主張すれば、

それ以外は悪となり、

悪を排除するために暴徒化する。

集団ヒステリー状態ですよね。

 

  *

 

この世のなかには正義も悪もなく、

人類や生命、

つきつめれば種族、

私やその親族が生き残るためには、ということを考えてしまいます。

 

もしかしたら、

なにかがどこかで? 

闘いのウイルスでも散布しているのかもしれません……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0)
百鬼夜行

 

UGEMテーマ:日記・一般

 

 

一年ぶりぐらいでしょうか?

渋谷の東急の喫茶で待ち合わせということで出かけたのですが、

その喫茶はなく、

東急本館という間違いに気づき、

昔の面影もない街を歩きました。

 

昼食後、

文化に疎い私が文化村で「川鍋暁斎」を見、

あなおもしろや!

軽妙洒脱ですね、

幕末から明治の絵描きですよ、自由ですね。

 

動物、鬼、幽霊、地獄、

負のものをユーモラスに描くことで、

毒を昇華してるのでしょうか?

 

 

 

 

 

先回書いた「絶佳 元少年A]

読み終わりましたが、

今風の文体を駆使した小説ですね。

才能はあるんでしょうけど、

どこに自己の発露があるんですか?

 

第二部 ちっぽけな答え

 

――なぜ人を殺してはいけないのか?――

の問いに

「どうしていけないのかは、わかりません。でも絶対に、絶対にしないでください。もしやったら、あなたが想像しているよりもずっと、あなた自身が苦しむことになるから」

 

驚きの回答です。

どうしていけないのかって?

「私は殺されたくないですよ」

あなたは殺された被害者のように殺されたいですか?

 

絶歌ではなく、

ただ絶句!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE