signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

盲亀 石に出合う

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

良いお天気が続きます。

萌出若葉の季節ですが、

若葉は緑色だと思っていました。

けれど萌出、

紅色なんですね。

葉は紅から緑に変わり、

緑から紅に変わり、

散っていくんですね……。

 

 

 

 

昨日仕事に行き驚くことが続き、

といっても誰にも言えないことで、

私のなかのことです……。

 

     びっくり

 

新しく開店したというチラシを見せられ、

カフェ&ギャラリーの店名を見て、

「あっ」と叫びそうになりました。

なぜかと言いますと、

一年ほど前から書いているものがありまして、

その中に出てくる人の名がどうしても書けなかったのです。

その時々に名前を変え、

AとかSとかしていたのですが、

一昨日、

突然その名前が浮かんだのです。

キリストの使途であり、ギリシャ語でいうところの石、

ペテロ

これ以上の名前はありません。

 

それと同じ名前だったのです。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの偶然、

一昨日、盲亀浮木という話を書いてました。

 

海のなかを盲の亀が泳いでいる

百年泳ぎつづけて 浮かび上がり

浮木に出合うのだという

 

たかだか六十年生きてきて

何に出合えるというのだろうか

果てなき暗い海のなかを

見えない目で泳ぎ続ける亀を思う

 

暗いだけの海の底

闇に溶ける水面の底に沈む石

その石に出合ったと思った

 

 

    びっくり

 

そしたらです、

「詩」を持った男がやってきて、

入力してほしいというのです。

その詩の末尾に書かれた文言が、

「浮き木に逢える一眼の亀」

とあり、

ちょっとぞっとしてしまいました。

 

 

偶然といえば偶然なのでしょうが びっくり

 

 

| つれづれ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
ミサイル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は夏日になるとか、

季節の変わり目のこの暑さというのが嫌ですね、

なんかねぇー、すがりつく季節の悪意さえ感じますよ〜。

 

人間の生臭さではなく、生き物の生臭さがまといついてくるような〜、

まあそんなことはどうでもいいんですが、

いろんな事件が起きて、

いろんな展開を見て、

おどろき、ため息をつき、

月日は冷酷に過ぎていきます。

 

 

 

新聞の一面に、

大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される新型ミサイルを公開と、

戦車の上に載った巨大な銃弾のなかはどういうぐあいになっているんでしょうか?

色つきの火薬がはいってるんでしょうか?

大きくて破壊力のあるものを作って披露するとは、

子どもみたいですね。

ほんとうに強いものは武器なんか持たないですよ。

 

なんだかミサイルも不発に終わったみたいですが、

こんな事を書いている暇はなかったです〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
鳥の巣

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

桜はまだ散っていません、

菜の花が咲き始めました。

 

日に日に木々も芽吹いています。

この時期は風も吹きますね。

 

昨夜は、久しぶりに面白い本に出会えたので、

12時近くまで本を読んでしまいました。

 

短編を読んで面白かったのですが、

長編も面白いですね、

主人公は重篤な多重人格で、

その謎解きを精神科医(ライト)が探求していくのですが、

ちょうど中盤のベッッィの項を読んでいて、

まさに筆者はベッツィに成り澄まし行動しているのです。

混乱した少女の頭のなかが書けるとは、

筆者本人が多重人格ではないかと。

優れた小説家は、或る意味多重人格者なんでしょうね。

 

なんとなく先が見えてきた気もしますが、

なぞなぞ歌、

 

エリザベス、エルスぺス、ベッツィにべス、

みんなで出かけた鳥の巣探し。

見つけた巣には卵が五つ、

ひとつずつとって、残りは四つ。

 

関連があるんですかねえ〜。

 

 

 

 

 

 

http://d.hatena.ne.jp/abraxasm/20161222/1482391581

 

 

 

 

| 読書 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
死と詩

 

 

 

 

「死とエロス」

タイトルがいけなかったのかしら?

入力途中で強制終了され、

書いた文章が全部消えてしまいました。怒り

理不尽な!怒り

それでタイトルを「詩と死」に変えました。

 

新聞に、詩人・伊藤比呂美さんのエッセイが載っていました。

彼女は全身全霊で表現するかたで、

亡くなった連れ合いのことを、

すさまじく強い生き方をした人を最後まで見たのは悪くなかった……。

と、連れがすさまじかったのか彼女がすさまじかったのか?

 

その彼女が、

「詩とは、自分のできないことをすること。言葉の最前線の、自分の一番とんがったところで書くこと。私は長く、いわゆる行わけの詩を書いていない。書くと詩っぽくなるのが嫌です。〜」

 

詩っぽくなるのが嫌とはどういうことだろうか??

彼女は表現したいものを包み隠さず表現してきた人ではないだろうか?

 

 

という私も今「詩」らしきものを書いていて、

声高に言えることでもなく、

隠れて書いている。

 

詩や小説を書くことは恥ずかしいことだという気持ちがあって、

どうしてだろうということを考える。

小説などは、昨今の状況、守秘義務云々、書きたいことを赤裸々に書けない。

著名人はですよ、官憲ではない民憲というマスメディアに見張られている。

ああ、でもどこかで誰かが見ているやも知れない……?

 

以前、夏の文学教室で伊藤比呂美さんの般若信教の朗読を聞いた。

 

……お経の解説書をいろいろと読んでみた。

でもぜんぜん頭に入ってこない。

つまらない。

悟れない。

生臭い。

あたしが悪いのだ。

でもあたしはあたしである、

あたしが中心である、

あたしなのである、

という、

やっと握り締めた実感を、

手放してどうするのか。

どうしようもなくなるであろう。

 

 

恨みつらみに満ちた言葉が、息もつかせず迸った。

彼女は名うての表現者だった。

 

 

*****怒り

 

 

大岡信氏の訃報を聞いた。

詩人、評論家、小説家が次々と旅立ち、

そういう肩書がすたれてしまうのではと。

 

「ほうとした気分」が大岡さんの詩の源であると。

彼の詩集は読んだことがないけれど、

朝刊に掲載の詩を書いてみる。

 

マリリン・モンローの死を悼んだ詩「マリリン」

 

裸の死体が語る言葉を

そよぐ毛髪ほどにも正確に

語りうる文字はないだろう

文字は死の上澄みをすくって

ぷるぷる震える詩のプリンを作

るだけだ

 

モンローにかぎらず人の死を前にしては言葉も文字も詩も色を失う。

しかし詩人は詩を作る。言葉の彼方にあるものを言葉でつかまえようとする。

なぜなら世界は言葉でできているから。

 

 

いや、世界が言葉でできているとは思わない。

私は理解できないことを理解するために、

言葉で置き換える。

 

 

地名論(抜粋)

 

水道管はうたえよ

お茶の水は流れて

鵠沼に溜り

荻窪に落ち

奥入瀬で輝け

サッポロ

バルパライソ

トンブクトゥ―は

耳の中で

雨垂れのように延びつづけよ

奇体にも懐かしい名前をもった

すべての土地の精霊よ

時間の列柱となって

おれを包んでくれ

 

 

 

意味は分からなくとも、

言葉が流れるんですよ、

からだの中のどこだかわからない場所を、

水を飲むようにすーっとね、

 

 

ご冥福を 泣く

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

| つれづれ | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0)
春の戯言

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

四月です。

ある筋から、

四月一日に首都直下地震が来ると聞いていましたが、

来ませんでした。

よかったです。

 

三日(月)に花見に行きましたが、

桜はほとんど咲いてませんでしたね。

蕎麦を食べて帰って来ました。

 

二日(日)に、

近くのホールで映画「母 小林多喜二の母の物語」を見てきました。

小林多喜二は好きな作家で、

思想に感化されたわけではなく、

小説の中で生きて動いてる人や情景が鮮烈で、

こころに残るのです。

 

「治安維持法」という法律、

多喜二は特高に殺され正義になり、

時代に殺された一人なんでしょうが。

彼らの活動が助長すればどうなっていたのでしょうか?

 

    *

 

今、連合赤軍の漫画「レッド」を息子に借りて読んでいて、

彼らは左派で時代を変えようとした若者たちなんでしょうが、

暴力に走るわけです。

 

 

左派であれ、右派であれ、

また宗教も、(イスラムもオウム真理教も)
すべて自分たちが正しい、

正義だと主張すれば、

それ以外は悪となり、

悪を排除するために暴徒化する。

集団ヒステリー状態ですよね。

 

  *

 

この世のなかには正義も悪もなく、

人類や生命、

つきつめれば種族、

私やその親族が生き残るためには、ということを考えてしまいます。

 

もしかしたら、

なにかがどこかで? 

闘いのウイルスでも散布しているのかもしれません……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0)
百鬼夜行

 

UGEMテーマ:日記・一般

 

 

一年ぶりぐらいでしょうか?

渋谷の東急の喫茶で待ち合わせということで出かけたのですが、

その喫茶はなく、

東急本館という間違いに気づき、

昔の面影もない街を歩きました。

 

昼食後、

文化に疎い私が文化村で「川鍋暁斎」を見、

あなおもしろや!

軽妙洒脱ですね、

幕末から明治の絵描きですよ、自由ですね。

 

動物、鬼、幽霊、地獄、

負のものをユーモラスに描くことで、

毒を昇華してるのでしょうか?

 

 

 

 

 

先回書いた「絶佳 元少年A]

読み終わりましたが、

今風の文体を駆使した小説ですね。

才能はあるんでしょうけど、

どこに自己の発露があるんですか?

 

第二部 ちっぽけな答え

 

――なぜ人を殺してはいけないのか?――

の問いに

「どうしていけないのかは、わかりません。でも絶対に、絶対にしないでください。もしやったら、あなたが想像しているよりもずっと、あなた自身が苦しむことになるから」

 

驚きの回答です。

どうしていけないのかって?

「私は殺されたくないですよ」

あなたは殺された被害者のように殺されたいですか?

 

絶歌ではなく、

ただ絶句!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
ほんとうのこと

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は雨ですね。

雨の日は気持ちが落ち着きます。

 

昨日、図書館に予約していた二年越しの本を手にして読み始めました。

 

 

 

読みたくないという気持ちもあり、

決して買いたくない本だから、

気長に待っていたのです。

 

 

いつもは寝る前に本を読むのですが、

夢のなかに出てきそうで、

昼間、食卓で読みはじめました。

 

最初のページに祖母と撮った4歳の頃の著者の写真があります。

どこにでもいる普通の男の子に見えます。

 

第一部

名前を失くした日

 

一九九七年六月二十八日。

僕は、僕でなくなった。

陽なたの世界か永久に追放された日。

それまで何気なく送ってきた他愛ない日常のひとコマひとコマが、急速に得体のしれない象徴性を帯び始めた日。

「少年A」――それが、僕の代名詞となった。

血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。

 

なにをかっこつけてるんですか、

あなたは生身の人間ですよ、

いえ人間に擬態した獣ですよ。

 

 

他人事のように眺め、

美文で脚色し、

あなたはなにを書いたのですか?

 

無差別殺人を犯すものには、

自己を問う「発露」があると師(秋山駿)は言ってました。

 

それが何処に書かれているんですか?

 

僕はカタツムリになり損ねた、自分を守る殻を持たないナメクジだった。

 

まだナメクジにもなりきれないものをいたぶる、

たとえようもない邪悪な生きものですよ。

 

僕は痛みに耐えられなかったのかもしれない。「痛みを感じられないことの痛み」に。人間としての不能感に。

 

すべてが絵空ごとです。

 

人を殺しても何も感じない自分が、怖くてたまらなかった。

 

次々と強行に手を染めながら、自分の内部から人間的な感覚が失われていくのを感じていた。針で刺したような小さな穴から、徐々に空気が抜け出て萎んでしまった自転車のタイヤのように、弾力を失った僕の心は、どんな出来事にも、どんなはたらきかけにも、決してバウンドすることはなかった。

自分は世界じゅうから拒絶されている。

 

 

どこまで心地よい言葉をつなげるのですか、

これは小説ではありませんか?

 

どこにあなたの真実が書かれているのですか?

 

私はもう読む気力を失いましたよ。

 

 

あなたがたびたび書いていることの体内回帰とは、

もっと安らかなものだと思いますよ。

あなたが残虐行為をしている瞬間に、

性の快感を覚えますよね。

死と性とは根源的につながっているもので、

私が理解しているところのものではありませんが、

自分が意図しないところまで行ってしまうのは、

あなたは狼男なのかも……しれません。

 

小説もどきを書くあなたは、

想像力が欠如しています。

あなたに殺された男児を主人公に小説を書いてみたらどうですか?

どれほどの無念と恐怖を味わったことか!

 

 

これ以上はもう書けません。

 

 

http://nowkoko.com/zekka3

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0)
ふったち(経立)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

日々春めいています。

いつの間にか三月も後半、

もう四月ですよ。

 

年が明けてからのこの数か月、

なにをやっていたんだか……、

なんだか鉛筆と消しゴムを持って、

時間を書いては消して、

消しては書いていたような気がします。

 

 

シャーリイ・ジャクソン 「くじ」 ハヤカワ・ミステリ文庫

 

「対話」 5ページの掌編

 

アーノルド夫人が言う

「ねえ先生、頭がへんになりかかってるかどうか、どうすれば見きわめられますの?」

医師はふと目をあげた。

「ばかげてるでしょう?」と、アーノルド夫人。

    *

「狂気というものは、奥さんがお考えになっているのより、だいぶ複雑なものですよ」医師が言う。

    *

「だってそれだけですもの、わたしがほんとうに確かだと思えるのは。〜」

    *

ほかのひとはみなわかっているのにわたしにはわからない、

みなの生き方というのが理解できない、

幼いころには簡単だった生活が、

    *

心身医学、国際企業連合、官僚中央集権、国際的危機、文化のパターン、

アーノルド夫人は声もなくすすり泣き、

夫が言うんです、

ローカルレベルにおける社会計画と付加税の対象になる純所得と地政学的概念とデフレーション的インフレーション、

ほんとにそう言ったんですよ、デフレーション的インフレーション、って、

    *

生憎ですが、その調子ではどうにも手がつけられませんなと医師が言い、

    *

じゃあ、どうすれば手がつけられるんです、

みんなはほんとに頭がどうかしてるんですか? わたし以外のみんなは?

    *

「どうか落ち着いていただけませんか。現今のわれわれのそれのように、見当識を失った世界においては、現実からの疎外はしばしば――」

「見当識を失った」アーノルド夫人は言った。そして立ちあがった。

「疎外。現実」

医師が引きとめるより早く、彼女はまっすぐ診察室の戸口へ行き、ドアをあけた。

「現実」そう言って、彼女は出て行った。

 

 

 

なんともシニカルな話。

 

 

 

「森友学園」の籠池泰典氏

河野克俊統合幕僚長の謝罪

築地市場の豊洲への移転 etc.etc.

 

ETCとは違いますよ。

 

 

ああ、

なんのことなのか?

なにが正しいのか、

なにが問題なのか、

なんで騒ぐのか?

わたしには、さっぱりわからないんです〜。

 

    本

 

最後の「くじ」

村人が全員集まってくじを引く。

 

これは怖い、ほんとに怖い!

 

わたしもねぇー、

としをとって

アーノルド夫人をとおりすぎ、

「ふったち」になるのが夢ですよ。

もうなってますかねえー?

 

 

 

 

| 読書 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0)
ほねのないさかな

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

軸のないシイタケ、

においのしない大根を作っているという……。

 

    さかな

 

だったら骨のない魚を作ればいい。

いっしょに、

血の出ない、

カット済みの肉もつくればいい。

 

     ぶた

 

テレビのネイチャー番組で、

ハクチョウが死んで、

他の生き物の糧になると言っていた。

 

人が死んだら、

誰の糧になるのか?

 

と、   さかな

 

この先に書こうとしたことを忘れてしまい、

あたまの中で手を伸ばし、

苛立っても、

なにもつかめない。

 

思い出せない言葉は、

思い出せない世界にあって、

ときどきタイムスリップするけれど、

すぐにい思い出せないもやもやにおおわれて、

懐かしいにおいの記憶に転生し……、

 

       ぶた

 

ああなんだろう?

なんだかわからないけれど、

「記憶にないんですよ」

と、声高に言う人の、

ない記憶を思い浮かべている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0)
井蛙のたわごと

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

今日は啓蟄ですが、

まだまだ寒いです。

 

そのせいなのか、

冬眠状態から這い出して、

ぼつぼつと書き始めていますが、

どうして書くのだろうかという葛藤が?

どうでもいいことなんですけどね、

井蛙のたわごとですから……。

 

   本

 

朝刊の読書覧、

小林多喜二の母を書いた、三浦綾子の「母」

高橋睦郎の三島由紀夫論「在りし、在らまほしかりし三島由紀夫」

 

二冊を読みたい本チェックリストに。

 

 

       虫

 

続いて、

昆虫の不思議、ゾウムシの写真が、

昆虫って確かに不思議ですよね。

 

ゴキブリは脳が2つあって、

心臓が13個あるとかなんとか?

だいたい血も涙もあるんですかと、

人間に置き換えて見るのはおかしいんですよね〜。

 

昆虫の脳が発達していたら、

人類はなかったでしょうね。

 

ほんとうに不思議な生き物だと思いながら、

昆虫からしたら人類の方が奇天烈な存在かもしれませんね。

 

 

    虫

 

 

さあ、拵えでもして、

特養のばあばの顔を見に行きましょうかと、

日やけどめクリーム、

ファンデを塗って鏡を見たら真っ白で、

無意識に二回も塗ったくったらしい?

ああ、男はいいなあ、素顔でいられて、

そういえば、

ばば(母)もばあば(義母)も、

いつからなのか化粧をしなくなった……。

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE