signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

劇場

JUGEMテーマ:日記・一般



深夜、ウシガエルの声で目覚めた。
むせかえる春の息吹がたちこめる。

朝、階下にいくと、
劇場の幕がひらく。

ナレータ兼主演女優が、
朗々と語る。
                                                                                                                                                



なにがあんだが
なんだかなにが
わからない
ああ、きれいなおさかな
おなかがおおきくて
なんかでそうなの
たべたくないの
たべたくないの
たべなくていい
おつりのむから
だめ
つめたいね
それ、そのおつゆのむ
きょうどこにくの

あれっこれ
あかいの
ながいの
いつしょだね
すこーし
たまご
うん、うーつ
すーちゃんこれのんでたよ
あれははやくから

そりゃそうだ
そうだけど
そういうこと

まだ6時
6時半
わたしが起きたのは5時前
そいたらもうさかなあるいていたよ
はしらのうえ
きょうからあかちゃんみたいなの


きょうはすーちゃんおそいよ
あれだけおきてて
そうだ、もっちゃんがいたとき
あれだけながい


いちにちじゅう
ばあばにとりつかれている。




個人情報載せてしまいました。
ばあば、ごめん。




 
| 介護日誌 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0)
今日も一日がおわる



JUGEMテーマ:日記・一般


もう四月も後半、
一昨日、御茶ノ水の病院をはしごしたからか、
体調が悪い。
フーッ、フーッ、フーッ、フーッ……、
ため息ではない、
気がでていく、
抜けきったら、どうなるのだろう?


バアバ、めずらしく、
寂聴の本、青空説法を手に、
これっ、すきなの、
ツー、二足め、
(たぶん二冊目)

顔 バアバ、ばいりんぎゃる?



顔 今日は何時?(デイのお迎え)

顔 10時

顔 11時?

顔 10時

顔 21時?

顔 バアバ、わざとはずしてない?
  34時だよ

顔 34時?

顔 34時は、ちゃんと聞こえたね

顔 ブーッ
  ようやっとでた、ビヨッ、ビヨッ、ビヨッって

顔 いつもだよ

顔 ゲーッ

顔 忙しいね

顔 あれっ、いくつ?(何時?)

顔 86

顔 86?


  顔

夕方、よれよれになって帰ってくる

スーちゃんの弟きてるよ
とっぴんしゃん
ゆうはんばっかり
6じはんにきめようとおもったんだけど
あんなばかがいるからできない
けっこうおおきなかさ
けっとばしてやる
はったいてやる
どのくらいになる?
ネンネンコロリ
いいよそれで
どうせそうなるんだから
まっくらまっくら
ほんとにそういいたいよ
さむいから
けそ
いっしょうけんめいさがしたよ
いなかった
おおぜいのひとが
いすごい
あっはれちゃったわ
つかれた
ねる

ああ、だめだよ、
入れ歯とって歯磨き、
それからトイレ行って……、

わたしも風呂入って寝る。

 
| 介護日誌 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0)
緊急避難




JUGEMテーマ:日記・一般



天気は大荒れ、
風が強いです。

地震おさまりませんね。
こうやって家に居られるだけで幸せかもしれません。
明日は我が身です……。

    ひこうき

友人が14日に九州に飛び立ったみたいです。
お母様の49日の法要でと言ってました。
帰ってきたら連休前に会いましょうと約束しましたが、
メールの返事はありません。
大丈夫だとは思いますが、
停電、断水、もろもろの不便を抱えていると思います。
それに、帰ってこれるのかなあ……、
間が悪いと言っても、
自然災害ですもの、
誰に文句を言うわけにもいきません。


もし、ここに地震がきたら、
認知老人をかかえ、
どうしたらいいんだろう。

そういうかたが大勢いるんでしょうね……。



  toire




今日は日曜日、
デイはお休み。

今日は何曜日、
どこに行くの?

何回も聞かれるから、
今日は日曜日、お休みです
紙に大きく書いた。

バアバの仕事は、
トイレに行くこと、
それしかない。


どうして年寄りは、
志村けんのコントのおばあさんのように、
うっうっうっうっ……声を出し続けるのだろうか?


うっうっうっうっ……、
ヨイショ、ヨイショ、
ああ、
どうしてこんなになってしまったんだろうね、
おかあさん!

 
| 介護日誌 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0)
ぼけつほる






JUGEMテーマ:日記・一般



〜のためならエンヤコーラ、
今日もボケツをほってます。

ボケツを掘りすぎて、
掘りすぎて、
地球の裏側に抜けるかしら〜、

バアバの認知は、
前頭側頭葉認知症というらしく、
奇抜な行動が多くなると。

ほぼ、1.2歳児の行動で、
人が食べてるものは何でも欲しいし、
いろいろなイタズラをする。


https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_027

左の前頭葉が障害を受けますので、会話、言葉に関する異常が目立ちます。それは、アルツハイマー型認知症のように「物の名前が出てこない」といった記憶の障害に伴う異常ではなく、「リンゴ」を「リボン」と呼称し、会話のセンテンスも組み立てられなくなり、周囲は何を言おうとしているのか理解できなくなります。同時に、本人も相手の会話の意味が理解できなくなります。

さらに、奇妙な会話が出現します。それは一つのセンテンスに同じ言葉が強制的に入り込んでしまう滞続言語という言葉の障害です。例えば、「今日は、お天気がいいからドンヒャラリ」、「朝の食事はパンとドンヒャラリがきた」、「皆と一緒に出かけてドンヒャラリがきた」のように、会話の途中で『ドンキャラリがきた』という意味不明な言葉や音が強制的に入り込んでしまう特徴的な言葉の障害が見られます。




まさにそうなんですよね、
会話がなりたたない。

最近は、トイレというか排便に固執し、
 ウンコ のついたオムツを自分の部屋の鏡台やテーブルにおいてある。

どうしたの、どうしてすてないの?

見せようと思ってとっておいたの。

見たくないよ、

ほめてくれると思った。

ゴミ箱にすててね。
と言ったら、

ええぃっていう感じで、床に投げ捨てた。

排泄物を見せるのはなぜだろう?


   さくら さくら


巷では、
本屋大賞も発表され、
売れないと言いながら、
さまざまな本が出版されている。

   本  本  本


今は時間がないけれど、
あれをこうしてこうやってと、
これから書くものの算段をしている自分に気づき、
売れもしないのに、
なぜ書こうとするのだろうか……と、

バアバ、
 ウンコ なんか見たくないよ、
だれーも見たくないの、
バアバは見たいの?

声をからして言っている、
その身体の内側からガラガラと崩れる〜、
そうだよなー、
だれも人の排泄物なんて見たくないよね。







 
| 介護日誌 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0)
完全、完璧、消火器兵器








新宿



JUGEMテーマ:日記・一般


連れの病状も安定し、
バアバの認知行動も落ち着いてきて、
やっと一息、
あ〜あ、
思っちゃいけないよ、
そう思うとまた災いがやってくる。

 kao


昨日のバアバはやけにまともで、
「今日は誰がくるの?」
と言うから、
「おうまさんのって、弟がくるの」
と言ったら、
「ばーか」
と言われた。

今朝は、
デイはお休みと何度言っても、
ズボンを脱いだり履いたり、
荷物を作っては玄関に持っていき、
うろうろうろうろ……。


    kao

パナマ文書〜とやらがSNSで流れているけれど、

♪ いまさらでしょう ♫

世の中の仕組みなんてそんなもんですよ〜、
世界を牛耳っているのはどこのどなたさんでしょうか?
マフィア、秘密結社、〜財閥……etc

一神教も怖いですね、
正義も真理も、
ああ神のみむねのままに……、

 kao


そもそもテロ組織の軍事力を支えてるのが、
二国の資産家?
ほんとうのことはな〜んにも知りません。
巷で言われていることですから。

  爆弾    爆弾


世の中から武器や弾薬がなくなればいいのだ。
それでいいのだ!
そうするにはどうしたらいいのだろう??

  ?                    

火がつかなければいいのだ、
燃えなければ爆発はおこらないよ。

    爆弾

消火器、完全な消火器があれば……、


「音」で消火するため
水や化学物質を放出しない


低周波の音波を使って、炎から酸素を切り離すというその消火器は、
従来の消火器のように水や化学物質をまき散らすことなく、何度でも使うことができます。




そうか、
テロや紛争の場所に、
その低周波を流し続ければ、
発火しないんだから、
発砲も、爆発もおこらないじゃないかしら?


そう思いませんか 爆弾



http://tabi-labo.com/106514/fireextinguisher/



       
| 介護日誌 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0)
がんとぼけとかぜっぴき




JUGEMテーマ:日記・一般

 



桜の花はまだのこっていますねぇー、
川面に花弁が散ってきれいですよ、
小川の岸辺の菜の花が風に揺れています、
今の季節が一番きれいです。

   sakura

昨日は、
職場でとった電話で、
「電話番号おしえてください」と言われ、
えーっ、とっさに電話番号が言えないで、
「何番におかけですか?」

   sakura

家に帰ってすぐに、
バアバがデイから帰ってきて、

スーちゃんの弟がおうまできたよ、
三人きたよ、
どうしてはいらないんだろう?
おすす 寿司 とらないと、

サーちゃん見てきてよ、
来てるんだから、

弟といったら、
バアバの子どもでしょ、
下に弟が三人もいたんですか?

問いかけには答えず、
スーちゃんの弟が来ているを言い続け、
くらいの
さむいの
いたいの
いやなの
うっ、うっ、うっ、
言いながら退場……。

  sakura

朝起きると、
部屋たためておいたよ〜、
(タイマーがでしょ)
サーちゃん、スーちゃん、ソーちゃん、
(一文字抜けてない?)

   ごはん


ガンとボケとかぜっぴきが食卓を囲んで、

おじさんのガンはステージ1Aの初期のもので、
痛くもかゆくもないらしいし、

くるしいーっ、
咳がとまらな〜い、
なんか一番の重病人みたいだよ〜。


| 介護日誌 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0)
かずのり

春うららの小川

JUGEMテーマ:日記・一般



4月1日、エイプリルフール。

前日から、オムツの取り換えにおわれている。
トイレの習慣が戻ってきたと喜んだのもつかの間、
平安はいづこかへ。

   toire

昨日は、バアバの病院の診察日。
洗濯機を二回回し、
支度をして下りてきたら、
薄手のジャンパーを着ているので、
そのまま車に乗り込んだ。
名前を呼ばれ、診察室にはいったものの、
着ていること着ていること、
シャツ、Tシャツ、Tシャツ、ロングベスト、カットソー、
6枚、いや7枚、
何枚ぬいだらいいの〜、
聴診器あてられないよ〜。


  病院

    
今朝は階下におりたら、
まだ寝ていて、
部屋の戸が開いたと思ったら、
「ばぁーっ」とか言いながら登場した。

あれが飲みたいの、おいしそう、
あれも食べたいの、おいしそう、
なんでも食べたい、飲みたい、
2.3歳児のレベルか?

 ごはん

かずのり、かずのり、
かずのりない?

なに?
かずのりって、だれ?

おいしいのよ、
あれ、

おかず海苔のことだった。

  ごはん


やくしょくやったらいい
やくしょいって
あれやってもらったらいいよ
うしろおばけ
まえなんかぬった
まいつきまいつきめがでてくる
いまむしがはいってたよ
あのせいかな
そうかじぶんのあたまのせいか
かずのりといっしょ
やくしょしらないの
しるよ
どこそこのどこといえば
いえるんだから
これあさやってなかったよ
どうやって
しばらくみてたんだから

まだもうかたっぽうよかったから
あそこわよかった
あのかどのうち
かたずいたから
うっうっうっうっうっうっう……
かずのり
ちょっとまたおかしいんじゃない
いまひっくりかえってる
いいおとこなのにね
もったいないよ
かみあらって
かじになったの
やくしょたのむから
じゃあしごといってくる

ああ、うみがついてる

うみ? 
もしかしてゴミのこと?

     ペン

それにしても、
わけのわからないむだなことを書きつづける、
おかしいのはどっちかわからん?


    本

      

「コネクトーム」なかなか読み切れない。
5章 記憶はいかに貯蔵されるか

ある男がメモ帳を持ち歩き、時々開いてそれに書き込んでいる。

わたしの脳も記憶スペースが貧弱だから、
書きこむ、どこでもいいから書き込む、
バアバの言ったこと、わけがわからずもひたすら書き込む。

あなたはこの振る舞いを不思議に思う。
なぜならあなたは、ものを書くという行為を見たことも聞いたこともないからだ。
何千年も昔には、あなたたちの祖先たちもものを書いてたが、
進化のある段階でそれを完全に忘れてしまった。


ガ〜ン、 
かお 衝撃、
書くという行為を忘れた…… かお


生きものは、
いろいろな能力が退化し、
無生物になっていくのかなぁ……。



 
| 介護日誌 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
はなみずとためいき




JUGEMテーマ:日記・一般


♪♫ はなみずとなみだとためいきと〜 ♪

演歌ではないけれど、
朝からそんなフレーズがでてくるよ。


恐怖は、
みどり色の台所洗剤を飲みたそうにしていること。
朝起きたら、焼き肉のたれがテーブルの上にあって、
これ、飲んでいい?


     ごはん  

たまごかけごはんと、
昨夜ののこりものの煮っころがし、
おいしい、おいしい、おいしい、
なんでわちしがすきだとしってるの?
かみさま?
やっぱりかみさま?

   ごはん


空きペットボトルに水を入れ、
これなに?
気味が悪い?
なんであるの?
えんえん、
ペットボトルを攻撃。

    ペットボトル

さっと水を捨て、
さよーなら、 
空きボトルはごみに。

   ばいばい

Mちゃん、いやなべんきょうあるんじゃない、
しょってやりたい○▽◇…、
うっうっうーっ 泣く

ばあばー、なぜなくの?

   泣く

かおがさがったの?
どうしてこうなるの?

としとるとみーんなそうなるの。

   泣く

バアバの奇行にはなれてきたけれど、
書けないことがありすぎるーっ、
おちょくられてるのかとも思ってしまう……。





 
| 介護日誌 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0)
ばあば こねくとーむ



図書館に
リクエストした
本がとどきました
「ユルクナイ」
 &
「友は野末に」
色川武大
の二冊です

 


JUGEMテーマ:日記・一般


桜が咲いた。

北海道新幹線も今日から開業、
東京→函館が四時間余りで行き来できるようになるんだとか!

速さばかり追い求めてるからなのか、
時のスピードもアップしていないだろうか?


ばあばを引き取って、二週間あまり、
夜は可能な限り早く寝るのだが、
寝酒ならぬ寝読書、
読んでいるのは、
「コネクトーム」
脳の配線はどのように「わたし」をつくり出すのか


一億もの集団になってはいても、精子はひとりきりで泳ぐ。
卵を受精させるという使命を果たす精子は、たかだかひとつだ。


素晴らしい、感動もの!
奇跡的命誕生の逝く末は、
老いという悲喜劇ではないか……。
どうして生まれてなんかきたんだろう!?

「わたしは多くのものである」
わたしとは多数のニューロンか?
いや魂なのか?


活字にすいこまれるのか、
睡魔にすいこまれるのか、

はっと、目覚めた。
鈴の音が聞こえなかった?

目覚ましを見たら9時、
えっ、9時?
いつの9時?
朝?
えっ、時計壊れてない?

夜の9時だった。

ほっとしてまた寝ようとしたけれど、
階下の音が気になって眠れない。

朝、5時前に居間のドアを開けた。
ばあばはまだ寝ている、
よかったと思ったのもつかの間、

あっ、ああぁぁぁ!
なに?
なんで?
テレビがないよ!


テレビがテレビボードの台から消えて床に。

ばあば、
テレビを持ち上げた?
どうして?


ばあばの配線はどうなっているの……?
 
| 介護日誌 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0)
ばあばアップグレード


JUGEMテーマ:日記・一般



認知の母が退院して一週間、
夜から朝にかけての、
トイレ通いにふりまわされ、

ばあばには、
トイレに行くのだという、
排泄の欲求が断固として残っていて、

夜中にやおら起き上がり、
トイレの電気をつけ、
用を足そうとするのだけど、
その用向きが完全にまっとうされることはなく、
なにがなんだかわからない状態で、
ひっくりかえり、
壁を叩く。

どんどんどんどん
どんどんどんどん

出陣の太鼓の音で、
トイレにかけつけると、
あわあわあわ……、
意味不明の言葉をしゃべり続ける。

体をふき、
おむつを取り替え、
ベッドに連れて行って寝かせ、
そのあとで床を拭いたり、
汚れ物の後始末。

嘆いても始まらないさ、
効率よく片づけ、
ばあばを早く寝かせ、
自分も寝ること。


病院では、
がっちりオムツをされ、
ベッドに拘束されていたから、
自分でトイレに行くことはできなかった。
家では、
拘束することはできないでしょ……。

排泄の失敗を防ぐため、
ばあばがトイレに行く時を察知しなければと、
無い知恵をしぼって、
トイレに行く前のドアノブに鈴をぶら下げた。

二階で寝ていると、
夏の風鈴じゃあるまいが、
「ちりんちりんちりん」
と、かすかな音が聞こえる。

ドタバタと階段を走っており、
トイレをのぞくと、
うん〇、うん〇、うん〇……、
ばあば便器にすわり、
足をぶらぶらゆらしてる。

排泄の欲求が止まらない。
べんぴー、べんぴーと言いながら、
ひょいひょいひょい、
トイレに行く〜。

  toire

寝ているのか寝ていないのか、
夢うつつのまま、
知己の突然の訃報を聞いた。
昨日、告別式に行き、
彼女のお顔に花をあげたけれど、
どうしても彼女のようには思えなかった。

あまりにも突然で、
うけいれがたく、
人はこんなにも簡単に死ぬものなのだという思いしか残らない。


朝刊で、
「死者と生者の 精神リレー」
の記事を読み、
生きることも死ぬことも、
さっぱりわからないという言葉に同調し、
また、
不運だけれど、
不運におぼれると不幸になるという言葉で、
そうだよなあー、
幸、不幸なんて、思い方しだいだよ。


窓の外を見ると、
楠の大木が風で揺れている。

風はどこからきて、
どこへいくのだろう?
とか…ぼうようと思っていたら、

突然、
アップグレードの画面が出て、
終わらない終わらない!

ブログのつぶやきも、
泡のごとく消えてしまった。

だからまた思い出し思い出し、
書いているのだけれど、
なにを書いたのかも思い出せない。


こわいのは、
ばあばと
 田 のマーク!



 
| 介護日誌 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE