signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< 誰もが箱にはいっている | main | ホントノコト >>
なにがなんだか
JUGEMテーマ:日記・一般








虚実の戯れ
秋山駿氏編纂の私小説を読んでいる。
野坂昭如「俺はNOSAKAだ」
自分という者の危うさ、
彼のような著名人でも海外において、
彼が彼であることを証明することは難しい。
タイトルも忘れたけれど海外のミステリー作品で、
エリートサラリーマンが地下鉄の車両で倒れた。
気が付いたとき金品、書類かばんも紛失していた。
男は記憶も消失していた。
自分が何処の誰かわからない。

義母についてもいえること、
自分が何処の誰かわからない。
デイサービスで送ってもらっても、
私のうちはどこ? と聞く。

以前役所で義母の印鑑証明を取ろうとしたとき、
本人確認というのが難しく、
義母が住んでいる近くの住人の証明が必要で、
もちろん住人の印鑑証明もと言われたことがある。

なんだか破れかぶれの自虐的文章にまみれながら、
これが「のさか」「のざか」の小説ですよねと納得。













正月明けは、
トイレに「ぼっとん」したという義母の言葉を聞かないふり。
何度も何度もトイレに行き水を流しては、
ペンギンのようにバタバタ帰ってくる義母をデイに送り出し、
あああっ、あふれるーっ、
白い紙のごときが乱舞する便器を見、
糞戦ならぬ奮戦。
ホームセンターに行き、
詰まり解消グッツさがしたけれど、
けっきょくは針金を突っ込んで釣り上げた。
水を含んで肥大した尿漏れパット?

一分一秒にゆれゆれ、
泣いたり笑ったり。

ほんのもにせもの
ふつうのものえりたべたちゃった
いまやらなかったいやるでしょ
わかんならかった 
ながいはりはいたって
ほんとうにだらがしないっていうか
二時間もうじかんあやまってもらいたい
むりにやったもんじゃないし
さんにんもよにんもとおっているし
ずーっといるし
2度1度だれもとおらないの
それでもまだわかならかった
自分の高いところがわからなかったんだよね
Sちゃんはうらめない
泣くのはバカがいるもんだね
やまねとかいへきのメンテナンス
あと1時間あるね
ちょっとあっちはんぶんだけでも
あったかくしたほうが
三分ずいぶんはらってる
なんかいたいね
こんなひはいたい
てるがずれるんだね
しょうがないけれど
いたくないよ
ヨイショこら

あたまのなかではちゃんとはなしているつもり、
思いと言葉がつながってないし、それに気づいてもいない??



昨日は仕事始め、
家に帰ったら義母は夕飯が待ちきれなくて、
ふかしイモを食べているし……、
なんだかいやになって、
義母とヤクルトのビンぶつけて乾杯したよ。
おーい、ヤクルト!
もういっぽんでもにほんでもくれや!



 
| 介護日誌 | 11:41 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:41 | - | -
コメント
人の気持ちの微妙な変化というものは計り知れないものです。なにがどうなって、嬉しくなったり悲しくなったりするのでしょう? 体温計ならぬ感情計があればいいですね。けれど大方は計れない感情です。自分の内にどっかりとあるけれど、わけのわからないものです。
| 通りすがりの人 | 2015/01/06 2:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1006
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE