signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< 小説は自由すぎる | main | シャツの記憶 >>
不条理の構図は描けない

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ああわからないわからない

からない らない いらない

 

不条理なのは、いまこの瞬間に、あるいはいかなる瞬間にせよ、ぼくらを構成しているものの総体をぼくらが認識できると信じること、そして、もしお望みとあらば、その総体を首尾一貫性のあるもの、快く受けいれ得るものとして直観することだ。

 

部屋の中で人間が午前11時というのに、

意味の分からない言葉をキーボードで叩きだしている不条理、

これはなんなんだろう?

 

人生が宿命的に与えられたものだからといって生きようと努めなければならないってことはないさ。

生命と生物は別物。生命は我々が好むと好まざるとにかかわらず、みずからその生命を生きるものなんだ。

 

 

影を操る人形遣い

蛾の調教師

セーヌの水面に石油が浮かんでできた玉虫色に光る輪 等々

 

意味のない言葉 数字 記号 の連続

何ものも現実性を持たず、無から出発しなければならない以上……。

すきなだけそうした幻想にひたっていなさい。

 

そしてロカマドゥール(可愛い坊や)が死んでしまって、

このページをどう読んでよいのやら?

一行飛ばしで読まなきゃならないんです、

太字の行と普通文字の行を、

 

 

君はある場所の一点、

僕は別の場所の一点、

互いに排斥しあいながら不条理の構図描いている

 んだとか???

きみやぼくのように無きに等しいもの、

誰のためでも、

自分たち自身のためですらない舞踏をしつづける二つの点のように、

終わりのない無意味な構図。

 

 

       本

 

どうあがいたって、不条理の構図なんて描けないよ、

と「石蹴りあそび」を放り投げ、ひさびさの「ドン・キホーテ」を手に取った。

 

ああ、なんという愁嘆場!

キホーテさまが、まさかのご乱心、

神ってます、

国王陛下に献上する二頭のライオンに出合い、

 

「拙者にライオンをよこしたというのか、神にかけて拙者がライオンを恐れる人間かどうか、こんなものを送ってよこした連中にしかと見せてやるとしよう。さあ、兄弟、そなたがライオン使いなら荷車から降りてその檻を開け、拙者に二頭の猛獣をとびかからせてくれ。この野原のまん中で、ドン・キ・ホーテ・デ・ラ・マンチャがいかなる男か、その豪胆ぶりをとくと見せつけ、拙者にライオンなどを差し向けた魔法使いどもの鼻をあかしてくれるわ。」

 

わっはっはという高笑いが聞こえてきそう。

 

なんたるナンセンス!

二頭のライオンを檻から解き放てと命じ、

ライオンと戦うというのだ。

サンチョが説得しても聞く耳を持たず、

 

なんかわからないなあ……、

不条理の構図なんて書けないよ〜。

 

 

 

| 読書 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1163
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE