signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< ほんとうのこと | main | 春の戯言 >>
百鬼夜行

 

UGEMテーマ:日記・一般

 

 

一年ぶりぐらいでしょうか?

渋谷の東急の喫茶で待ち合わせということで出かけたのですが、

その喫茶はなく、

東急本館という間違いに気づき、

昔の面影もない街を歩きました。

 

昼食後、

文化に疎い私が文化村で「川鍋暁斎」を見、

あなおもしろや!

軽妙洒脱ですね、

幕末から明治の絵描きですよ、自由ですね。

 

動物、鬼、幽霊、地獄、

負のものをユーモラスに描くことで、

毒を昇華してるのでしょうか?

 

 

 

 

 

先回書いた「絶佳 元少年A]

読み終わりましたが、

今風の文体を駆使した小説ですね。

才能はあるんでしょうけど、

どこに自己の発露があるんですか?

 

第二部 ちっぽけな答え

 

――なぜ人を殺してはいけないのか?――

の問いに

「どうしていけないのかは、わかりません。でも絶対に、絶対にしないでください。もしやったら、あなたが想像しているよりもずっと、あなた自身が苦しむことになるから」

 

驚きの回答です。

どうしていけないのかって?

「私は殺されたくないですよ」

あなたは殺された被害者のように殺されたいですか?

 

絶歌ではなく、

ただ絶句!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1177
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE