signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< 百鬼夜行 | main | 死と詩 >>
春の戯言

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

四月です。

ある筋から、

四月一日に首都直下地震が来ると聞いていましたが、

来ませんでした。

よかったです。

 

三日(月)に花見に行きましたが、

桜はほとんど咲いてませんでしたね。

蕎麦を食べて帰って来ました。

 

二日(日)に、

近くのホールで映画「母 小林多喜二の母の物語」を見てきました。

小林多喜二は好きな作家で、

思想に感化されたわけではなく、

小説の中で生きて動いてる人や情景が鮮烈で、

こころに残るのです。

 

「治安維持法」という法律、

多喜二は特高に殺され正義になり、

時代に殺された一人なんでしょうが。

彼らの活動が助長すればどうなっていたのでしょうか?

 

    *

 

今、連合赤軍の漫画「レッド」を息子に借りて読んでいて、

彼らは左派で時代を変えようとした若者たちなんでしょうが、

暴力に走るわけです。

 

 

左派であれ、右派であれ、

また宗教も、(イスラムもオウム真理教も)
すべて自分たちが正しい、

正義だと主張すれば、

それ以外は悪となり、

悪を排除するために暴徒化する。

集団ヒステリー状態ですよね。

 

  *

 

この世のなかには正義も悪もなく、

人類や生命、

つきつめれば種族、

私やその親族が生き残るためには、ということを考えてしまいます。

 

もしかしたら、

なにかがどこかで? 

闘いのウイルスでも散布しているのかもしれません……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:52 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1179
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE