signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< ミサイル | main | 薫風 >>
盲亀 石に出合う

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

良いお天気が続きます。

萌出若葉の季節ですが、

若葉は緑色だと思っていました。

けれど萌出、

紅色なんですね。

葉は紅から緑に変わり、

緑から紅に変わり、

散っていくんですね……。

 

 

 

 

昨日仕事に行き驚くことが続き、

といっても誰にも言えないことで、

私のなかのことです……。

 

     びっくり

 

新しく開店したというチラシを見せられ、

カフェ&ギャラリーの店名を見て、

「あっ」と叫びそうになりました。

なぜかと言いますと、

一年ほど前から書いているものがありまして、

その中に出てくる人の名がどうしても書けなかったのです。

その時々に名前を変え、

AとかSとかしていたのですが、

一昨日、

突然その名前が浮かんだのです。

キリストの使途であり、ギリシャ語でいうところの石、

ペテロ

これ以上の名前はありません。

 

それと同じ名前だったのです。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つの偶然、

一昨日、盲亀浮木という話を書いてました。

 

海のなかを盲の亀が泳いでいる

百年泳ぎつづけて 浮かび上がり

浮木に出合うのだという

 

たかだか六十年生きてきて

何に出合えるというのだろうか

果てなき暗い海のなかを

見えない目で泳ぎ続ける亀を思う

 

暗いだけの海の底

闇に溶ける水面の底に沈む石

その石に出合ったと思った

 

 

    びっくり

 

そしたらです、

「詩」を持った男がやってきて、

入力してほしいというのです。

その詩の末尾に書かれた文言が、

「浮き木に逢える一眼の亀」

とあり、

ちょっとぞっとしてしまいました。

 

 

偶然といえば偶然なのでしょうが びっくり

 

 

| つれづれ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 09:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1185
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE