signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< ドンキからヴェルフリ | main | かっぷやきそばのつくりかた >>
倒れたままでいること

 

水のない川

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日も炎暑、雨は降りそうもありません。

フェイスブックの過去記事でなにかとバアバが出てきて、

あたまのなかが濡れてるよ〜という義母、

おかあさん、

今指先がビビビってなったよ、

ああ人間でない人、いつからおかあさんになったんだろう?

 

義母はわたしをおかあさんと言い、

わたしも義母をおかあさんと呼んだ。

義母の手はいつも冷たくて、

触れると電気が走ったのを覚えている。

 

 

  かお

 

 

 

朝ドラ、

唯一見ているドラマは昭和の映像で、

東京から里帰りした主人公が、

家の匂いや音にくるまれ眠り続ける場面を映していた。

 

郷里にはわたしが育った家はなく、

新しく整備された道路、今風の家が建ちならんでいる。

 

田舎といっても町中にあった生家は、

裏に喫茶店がありスーパーもあった。

中学生くらいかもしれない、

溜めたお小遣いで買ったものを覚えている。

ひとつは水色のつり紐のついたスカート。

ひとつは黄緑色のふたのついたプラスチックの容器。

あとひとつは、えんじ色の着物の帯。

母に上げたものだが、それだけが母の和ダンスに残っていた。

             

               かお

 

家のそばにあった駄菓子屋、

そのとなりの八百屋なのかなんでも売っている店、

酒屋や魚屋、

それだけあれば暮らしていくには何の不自由もなかった。

 

そんなことを思い出しながら、

過去の記憶があまりにも遠くなっていき、

私がそこに居て暮らしていたということが、

ほんとうのこととは思えなくなっている……。

 

   電車

 

と、電車が止まりホームに出たけれど、

ここはどこ?

自分の下りるべき場所がわからなくなり、

発車のベルとともにもとの電車に飛び乗った。

 

下りるべき駅は次だったことを確認し、

ほっとする……。

なぜか絶望名人カフカの人生論なる言葉が思い浮かんだ。

 

    
将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。

将来にむかってつまづくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

 

                 ―フェリーツへの手紙―

 

    笑    笑

 

いいなあネガティブ、ネガティブにひたるのもいいけれど……、

倒れたままでいるというのも、

歩きつづけるより大変かもしれません。

 

 

脈絡のないことを ごめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つれづれ | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 09:45 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1193
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE