signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< ネジのつぶやき | main | カメムシよ >>
認知バイアス

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

明け方雨の音を聞いた。

雨なんか降るって言ったっけ?

 

家の小川は満々の水を湛え流れていた。

水は怖いものだと思う。

その水が家に流れこみ、

追いつめられることを思う。

 

救命用浮き袋、

ライフジャケット、

必要かもしれないと思ったり……。

 

 

人の運命はわからない。

かたや呑気にこんな文言を入力している。

 

豪雨予報で避難を呼びかけられたら、

わたしは逃げるだろうか??

 

人間には、「じぶんは大丈夫」という根拠のない気持ちがあるらしい。

それを「正常性バイアスの偏り」というらしい。

 

 

バイアスとは認知の偏りであり、例えば外見で人を判断する、などという事は誰にでも経験があると思います。

その一環で「正常性バイアス」というものがあり、「自分にとって都合の悪い話を無視したり過小評価したりしてしまう」ことをいいます。(参考:ウィキペディア)
これは誰もが持つ、心の防衛本能から来るものですが、逆に判断を誤らせる要因ともなり得ます。
例えば、東日本大震災で「津波に流されたものの助かった」という方に、地震発生直後から流される瞬間までの行動を聞き取ると、少なくない方が「大津波警報が出ていたことは知っていたし、避難のアナウンスも聞いていたが、家の片付けをしていた」と仰っていました。はたから聞くと驚くような話ですが、つい「日常」を続けてしまうというのは、誰にでも起こりうることなのです。
あなたが知るべき13の認知バイアス

あいつは、自分を客観的に見ることができない。

よく聞くフレーズです。
こういった思考は、認知バイアスと言います。

認知バイアスとは、人間なら誰にでもある「思考の偏り」です。

人間は、事実と違うことでさえ、思い込みをします。
不思議なことに、「思い込み」や「勘違い」には、同じ傾向があります。
その傾向を「科学的な研究」によって導き出したのが、認知バイアスです。

  • 「いやいや、私は客観的に自分を見てるよ」
  • 「あいつは自分を客観的に見ないから問題なんだ」

そもそも人間は、自分を客観的に見ることが苦手です。
別の人から見れば、違った評価になるでしょう。

認知バイアスは、人生において「絶対に知っておいた方が良い法則」です。
冷静になって、他人を見ることができます。
そして自分にも「思考の偏り」があると、気づくことができます。

 

この記事では、数あるバイアスの中から「人生に役立つものだけ」をピックアップしました。
すべて科学的な研究によるものです。

この記事を読めば「バイアスとは何か?」を、理解することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間、客観的に自分の評価なんてできないよ〜、
自分という檻から出ることはできないんだからさ、
なーに、あの人、
人の批判ばっかりしてさ、
ぜったい自分が見えてないよねぇ〜
自分で自分を見ることは不可能です!!
さしづめ私は、後知恵バイアスかなぁ?
わたしが言ったとおりになった
そうなると思ってたよ 
とか言いそう。
ああ、人間めんどくさし!!

 

| つれづれ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1280
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE