signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< お盆 | main | ムーショック >>
バナジウム

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

暑い!

ひたすら暑い!

 

昨日は夏祭りで、

仕事の関係でかき氷をけずった。

よさこい踊りのパレードは暑さで縮小され、

メダカ祭りも、

メダカが茹りそうだった。

 

 <*)) >=<

 

暑さは人の意欲を減退させる。

まだ寒い方がいいと常々思う。

 

 

 

 

プリーモ・レーヴイの「周期律」を読み、

元素の名前たちが〜頭の中で奏でるメロデイのように残響。

 

この作品はなんなのだろう?

意識の上澄みを掬い取った、

詩作品のようなものだ。

 

レーヴイはアウシュビッツの事を書いてきて、

浄化したい思いにとらわれたのかもしれない……。

 

 

 

「バナジウム」とはどんな金属なのだろう?

これは本当のことなのだろうか?

それともレーヴイの創作なのだろうか?

 

その男の特徴的なスペルミスで、

レーヴイのなかから消えなかったマイヤーという人物を見つける。

 

 

アウシュビッツでレーヴイはマイヤーから靴の施しを受ける。

それにより生き延びたのかもしれないが、

レーヴイのマイヤーに対する気持ちは複雑だ。

ナチ党員のマイヤーは、

生き延びたとしても安住することはできなかったのだろう。

彼はレーヴイに会いたいと手紙を書いた。

許しを請いたかったのだろうか?

 

 

マイヤーは死に、

レーヴイも死んだ。

 

結末はやはり「死」しかなかったのだろう。

 

これは寒い暗い国のお話だ。

暑い常夏の国ではこういう歴史は生まれないような気がする。

 

 

 

 

https://calabrogiapponese.wordpress.com/2017/09/20/primolevi/

 

 

| 読書 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1290
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE