signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< バデスの馬車 | main | 辺境メシ 宇宙 みんな不潔 >>
神秘小川通り

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ジョン・アーヴィングの小説、

「神秘大通り」

読みはじめています。

25年越しの小説ですって!

 

 

 

触発されます。

 

わたしも五年越しの書きかけのものが、

ふっと先が見えた気がして、

書きはじめてます。

いえいえほんとうは、

半世紀越しの物語です。

 

ふっふっふ・・・(笑)

 

書く人も読む人も一人だけの世界の話ですから、

それって人が生きることに通じますよね……、

誰も知らないけれど、

人は一人で生まれ、

生き、死んでいくんですもの、

それが物語なんですよ。

 

それを奇想天外、

いえいえ面白く脚色してみるのって楽しいじゃないですか。

 

   ❀

 

 

奇妙に明るい光がさす日でした、

家の窓から見える紅葉した紅葉(もみじ)の葉が、

なくなっていることに気づきました。

 

あの葉っぱたちはどこに行ったのだろう?

二度と同じ樹で赤く染まることはないのだろう……。

 

 

 

あっ揺れましたね、

わたしではなく、

家が、

地面が?

 

 

 

 

 

 

 

 

| 読書 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:01 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/1303
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE