signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< アクセスログ | main | おかえり >>
色彩を持たないイブ
 









ああ蒸し暑い。
うちの駄犬はどうしているだろう?

14日の朝、大量に喀血し動物病院に連れて行った。
その日は研修旅行で山梨まで行く予定があり、
8時までには職場に行かなければならなかった。

5時過ぎから逡巡し、寝ている連れをおこし、
駄犬を病院に連れて行くように頼んで、
出かける支度をしたけれど、
流れ出る血の量があまりにも多くて、
まだ開いていない病院に電話をして、
少しでも早く診てもらうように頼んだ。

旅行の出発の時間に間に合うわけはなく、
やむなく事情を言って休ませてもらった。

口の周りをタオルで縛り、
血だらけになった駄犬はそれでもしっかり歩き、
普段は歩いて連れて行くのだけれど、
さすがに車に積んだゲージの中に入れて連れて行った。

観念したのか、
普段は嫌がって騒ぐのにおとなしくゲージにも入り、
病院の診察台に乗った時もいやに落ち着いていた。

こんな落ち着いておとなしい駄犬を見たことがない。
もしかしたらこれが最後かもしれないと言われ、
携帯で写真を撮った。

結果は歯槽膿漏で、歯の奥の大動脈が傷ついて出血し、
あと一時間遅かったら助からなかったと言われた。

義父に続いて葬式を出さなければならなかったかもしれない。

まだ予断を許さない状態で、入院中です。


            

その日の夕方、手術後の駄犬を見にいって、興奮させてしまった。
無事に帰ってこれるだろうか?


なにかしらまとわりついてくる毛むくじゃらな、
そして、
いつもどこかから視線を向けているひどく気になる気配。
いないと思うと、
うまく表現できないが、なんだろう?
蓋のない入れ物のような・・・、
村上春樹のように適当な比喩も思い浮かばない。


昨日今日と散歩をしていないので、
夜の八時過ぎ、
ふらっと外に出た。

無意識に歩いていると、
なぜか駄犬の入院している病院に足が向き、
病院の裏手を見たけれど、
明かりもついていず、
生き物の気配もしなかった。




 
| 駄犬(イブ) | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | -
コメント
イブちゃん、心配。我が家の1代目の猫ココは、1,2日、やや元気がないか、と思っていましたら、ある朝、段ボールの箱で、静かになくなっていました。前年肝臓を悪くして入院をしましたが、また、それが再発したのでしょうね。最近はペットのガンも増えているようですが、病気のペットを見ているのは、辛いですね。どうぞ、回復されますように。
| こめつが | 2013/06/17 10:48 AM |

蒸し暑いです。

イブは昨日無事に帰ってきました。
一回り痩せて、
声も枯れてました。

今は足元にごろりと横になり、
いつもと変わらぬ日常の光景です。

これが、この物体がいなくなったとて、
なにかかわりがあるのでしょうか?

そんなことをふと思います。


お心づかいありがとうございます。
ココちゃんのように逝かせたいです。





| ハトリ | 2013/06/18 9:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/926
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE