signal

この日 この場所に いることの不思議
ここに いることを 確認すべく 微弱な信号を……
何億光年彼方の Xへ向けて

<< あちじゃ! | main | 追悼 >>
フクロウ犬
 



一昨日(18日)、駄犬が死んだ。

やんごとない用事があって、
駄犬をかかえ、
病院から霊園に直行した。
今日お骨になって帰ってくる。



   



今朝、
一人でいつものコースを散歩した。

このあたりでオシッコをして、
このあたりで匂いを嗅いで、
このあたりで、
くるくるまわって、
用を足した。



ふと空を見上げると、
鱗雲が広がっていた。

久しぶりに空を見たような気がした。

向こうから、
よぼよぼの老犬が、
体をふるわせて歩いてきた。

老犬が止まった。
頭を撫でてやった。
涙がこぼれた。
頑張ってるねえと言いながら、
頭を撫で続けた。
老犬は足元にすり寄った。
息が荒く、舌が出ていた。

前を歩く飼い主がリードを引きながら、
ありがとうございますと言った。


老犬になったあなたと、
散歩することを、
イメージすることができなかった。


12年と9か月、ありがとう。






14日(日)に撮った写真
いたずらばっかりしてごめん   




| 駄犬(イブ) | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 09:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nday366.jugem.jp/trackback/936
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE